ニュース系ウェブログを目指しています。テーマを「国際情勢」としつつ、世の中のいろんな時事問題で自分の思った事を書いていこうと思ってます。リンクはフリーです。


by winger1011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日中首脳会談の情報操作!!本当の事言えよ!!

ODAなど公表と実態に食い違い次々と…日中首相会談

ラオスで11月30日に行われた小泉首相と中国の温家宝首相の会談について、両政府が当初、公表した内容と実際の会談内容が食い違っていることが次々に明らかになっている。
 双方とも国内世論に配慮したためと見られている。

 特に、食い違いが目立ったのは日本から中国に対する政府開発援助(ODA)をめぐるやりとりだ。日本政府が当初、記者団に説明したところによると、温首相は、「(ODAは)中国の経済建設に大きく貢献してきた。今後、適切な形で処理していくのがいい」とだけ述べ、対中ODAの役割を評価したことになっていた。

 ところが、実際は、小泉首相らが対中ODAの将来の打ち切りに言及していることについて「理解しがたい。ODAを中止すれば両国関係は、はじける」など、強い不快感を示していた。

 また、焦点の小泉首相の靖国神社参拝について、温首相は「中国のことわざには、『鈴をとくのは鈴を結んだ人しかできない』とある。適切に対応して欲しい」と発言していたが、当初の説明では、ことわざのくだりは削除されていた。

 自民党などには「外務省は、小泉首相を批判する発言を公表することにより、日本国内の対中感情が悪化し日中関係が難しくなるのを避けたかったのではないか」との見方がある。

 一方、中国政府は会談後、「小泉首相は温首相に対し、来年3月からの愛知万博の期間中の訪日を招請した」と紹介したが、実際は小泉首相は時期を明示していなかった。この点について、日本側には、「日本側が温首相の早期来日をお願いしてきた、という印象を中国国内向けに植え付けたかったのではないか」との指摘が出ている。


 日本の対中ODAは、中国の温家宝首相は前言を撤回したのではなく、最初っから、「辞めるな、金くれよ!!」って言ってたのね。まったく、害務省!!どこまで中国に媚びを売ればいいんだ!!いい加減にしろよ!!ちゃんと真実を言えよ!!おまえはいったい何処の外務省だよ!!!!

 政府は国民に真実を伝える義務がある。それを国民に真実を伝える事をせず、中国に媚びを売るような行動をする外務省は、いったん解散した方が良くないか。?真実を捻じ曲げるなど、独裁国家中国と同じじゃねえかよお。!!!どうせ、もう日中関係はもう冷戦状態になってんだからよ、もう何をしても当分良くなる事はねえよ。!!原因は中国にあるのであって、日本には責任はないんだよ。、相手に媚びるのが、外交ではないんだよ。!!全方位外交、どっちつかずの外交ってのは一番危険なんだよ!!自国のスタンスを明確にしろよ。!!中国には毅然とした対応をしなきゃ駄目なんだよ!!


 これだから、いかにマスコミが腐っているとはいえ、政府がマスコミに介入する事には、私は絶対に反対なんですよ。!!俺も普段、マスゴミと言っているが、絶対に政府がマスコミに介入してはいかんのだよ!!!

 まあ、逆に言えば、日本国民の世論の圧力が現在の日中間の冷戦状況を作り出してるという事を証明する出来事なんだが。

みなさん!!中国へもっともっともーーーーっと怒りましょうよ!!!それが、日本政府を対中強硬姿勢へと導くのだ。!!これ以上舐められたらあかん!!
[PR]
by winger1011 | 2004-12-05 00:39 | 中国