ニュース系ウェブログを目指しています。テーマを「国際情勢」としつつ、世の中のいろんな時事問題で自分の思った事を書いていこうと思ってます。リンクはフリーです。


by winger1011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

人権擁護法案は言論弾圧法案!!!

サルでも分かる、人権擁護法案

 ネットでは結構扱ってますが、世間一般ではまったく取り扱っていないのがこの人権法案です。現在売国奴古賀誠等が無理やり成立させようとしている法案です。この法案は、まさに日本から言論の自由を奪い、思想の自由を奪い、民主主義を衰退させる危険な法案です。!!!

なぜ危険かは、詳細を述べているHPにリンクを貼らせて頂いてますのでそこを見てください。

この人権擁護法案とは、

人権委員会が、「これは差別だ!」と認めたものに罰則を課すことが出来るようになる法律です。 人権委員会が5名、人権擁護委員2万人によって作られ、被差別者、障害者などが優先して選ばれることになっています。

 この人権委員会は、人権侵害、そして「人権侵害を誘発・助長する恐れのある」発言や出版などに対し、調査を行う権限を持っています。もし人権侵害などが疑われた場合、委員会は関係者に出頭を求めたり、証拠品の提出、立ち入り検査を行うなどの措置を取ることができます。
また、委員会はこれらの措置に対し非協力的な者に対し、ある程度の罰則を課すことが出来る権限を持つ等、大変強力な権限を持つ事になります。
 
 しかもなんと!!!差別と判断され冤罪(間違ってた)場合に、人権委員会がマスコミ等を通じて「間違ってました、ごめんなさい」という謝罪をする事は無いのです。!!!!

 人権擁護は結構ですが、この法案は大きな問題があります。それは、この人権委員会なる、非常に強力な権限をもった組織を監視・抑制する機関が存在せず、この人権委員会によって言論が統制される危険性が大いにある事が問題です。しかも人権擁護の定義があいまいである事もそれを助長するでしょう。

 もう1点は、この人権委員会の選定が不透明である事。民主的な手続きによらず、どのように選任するのかまったく、分からない事です。国連の人権高等弁務官が、この人権擁護法案に対する懸念を表明する書簡を、小泉総理に送っているほど、人権を侵害する法案なのです。

この法案はまさに言論の自由という、民主主義にとって必要不可欠な権利を奪う危険な法案です。!!!!!!!!!

以下ににポイントをリンク先より転載します。

●正当な批判さえ差別と取られる可能性がある
●テレビやマスコミでほとんど取り上げられてないため、国民のほとんどが知らない
●差別の基準があいまい、(人権委員会が好き勝手できてしまう)
●新しい権力機関を作ること
●人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しない
●インターネットを潰す事によるマスコミの情報操作能力の向上。よってマスコミの曲解報道に一切対抗できなくなる (マスコミの情報規制ができるので議員の汚職及び犯罪隠蔽が容易になる
●何が差別と取られるかわからない、使える表現が減る事によるアニメ、漫画、ゲーム、小説、映画、テレビ、お笑い、音楽、ドラマの衰退(当たり障りのないものしか作れなくなる)
●特定の人権を過剰に守るという事はそれ以外の人権を踏み躙る事に繋がります。


みなさん。この法案は絶対に成立させてはなりません。!!!みなさんもできるだけ多くの人にこの事実を伝えて下さい。この法案が成立すると、日本に言論の自由が無くなります。!!!

また、ネットのおかげでせっかく日本に芽生えてきた大手メディアの偏向報道を見抜く事(メディアリテラシー)を我々国民から奪い、我々国民を政治家やマスコミに都合の良いようにコントロールしようとする法案です。

どのような理由があっても、政府や法律によって、言論の自由を規制する事は許されません。!!!言論の自由は国家や法律よって規制されてはならないのです。!!!
[PR]
by winger1011 | 2005-04-29 03:39 | 国内