ニュース系ウェブログを目指しています。テーマを「国際情勢」としつつ、世の中のいろんな時事問題で自分の思った事を書いていこうと思ってます。リンクはフリーです。


by winger1011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スパイ報告第二回 韓国の労働事情

こんにちは。今回は、韓国スパイ報告第二回と称して、韓国の労働事情を少し紹介したいと思います。韓国の日本を上回る受験戦争の厳しさを知っている人は多くいても、労働事情を知っている人はどれくらいいるでしょうか。??

まず最初に、韓国では学歴はもちろん、大学に入った当初から就職活動が始まっていると言える。それは、4年生の冬に行われる筆記試験だけで就職が決まることが多いのだ。筆記科目は英語と一般常識が必須で、あとは分野によって違うらしい。そして、多くの学生は新入生のときから英会話学校に通い、第2外国語として日本語と中国語の習得にも必死になる。

で、肝心の大学の就職率は現在は、卒業年齢によってだいぶ違うらしいのですが、20%~45%と日本では考えられないほど、凄まじい就職難なのです。まずここで、半分以上の人間が脱落します。

この厳しすぎる就職事情の為に、なんと日本企業を目指す若者がものすごく多いそうです。私の職場で一緒に働いている韓国人もその1人らしく、韓国の若者は距離も近く、給料も待遇も良い日本企業を目指すそうです。あとは、韓国に進出している日本企業の韓国支社も人気らしく、日本語を勉強する若者も多いです。本屋でも日本語の本が結構目立つ所においてあり、日本語への関心が高い事をうかがわせます。こんな所にも、ずうずうしく文句を言うくせに、困ったら直ぐに日本に頼る韓国人の自立心の低さが分かります。

で、うまく就職しても今度は厳しい出世競争が待ってます。なぜかと言うと、、韓国では、40歳までに課長職以上にならないと、40歳で首になるのです。!! 就職して十数年で、定年という悲惨な状況におかれる事になります。現に韓国の工場はどこも若い人間がほとんどで、40以上の年をとった人の割合はものすごく低いのです。!!ここで課長になり、会社に残れたらいわゆるエリート階級という事になるそうです。

で、ここで脱落し、40歳で首になってしまった人は、しかたなく、ベンチャー企業等、事業を始めるのだそうです。

このように、日本では考えられない程の厳しい競争で、勝ち残れる人が少ないという所が、現在の韓国の貧富の格差の拡大に繋がっています。それで、海外に(ほぼ日本に!!)目を向ける人が多いのだそうです。

この話を様々な韓国人から聞いて、つくづく日本人で良かったと思いました。やはり日本は世界に冠たる経済大国であり、世界でも指折りの先進国なのだと実感できました。


中国も、呉儀副首相が小泉首相との会談をドタキャンして、外交上での失策を犯し、世界に中国リスクを改めて再認識させるという自爆行為を行い、国際資本の中国離れとアメリカへの移動を加速させる結果を生んでいます。今まで中国に流れていた国際資本がアメリカに向きを変え、米国債、原油価格や為替にプラスに働き、その結果、日本の景気回復にも寄与しているのです。

政治はともかく、経済ではまだまだ韓国・中国は日本の足元にも及びませんな。
という所で今日はこのへんで。
[PR]
by winger1011 | 2005-05-26 21:39 | 韓国