ニュース系ウェブログを目指しています。テーマを「国際情勢」としつつ、世の中のいろんな時事問題で自分の思った事を書いていこうと思ってます。リンクはフリーです。


by winger1011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:国内( 11 )

日朝実務者協議:経済制裁には慎重姿勢 小泉首相
小泉純一郎首相は15日夜、日朝実務者協議の結果について「北朝鮮側の努力の跡はうかがえるが、まだ日本側として納得できる内容ではない。(次回協議を)やらなきゃいけない。これで終わりとは考えていない」と記者団に語り、提示された資料や説明の問題点を精査して北朝鮮側と再度、協議する考えを示した。

 
北朝鮮に対する経済制裁については「(慎重な姿勢に)変わりない。お互いに日朝平壌宣言を誠実に履行する努力を今後も続けていく必要がある」と述べた。


 小泉首相は、こんな事態に陥っても、まだ経済制裁に慎重だそうだ。
 何度も言うが、ブッシュ大統領再選でアメリカとの直接交渉の目を絶たれた北朝鮮は、日本との関係を重視せざるを得ない為、今回の結果はある程度、真実も含まれているかもしれない。しかし、北朝鮮は、拉致被害者のご家族の方々が納得できる核心部分の情報は言わなかったようだ。このまま話し合っても、これ以上進展するとは思えない。北朝鮮をさらに譲歩させる為には、経済制裁しかあるまい。日本側は今こそ強気に出る時だと思う。ここまできて慎重な姿勢なぞ見せたらもはや永遠に拉致被害者の方達は帰ってこないし、真相の究明もできない。もうこれ以上は待てないぞというメッセージを北朝鮮に伝えるべきです。


ウラン濃縮全面停止で合意 イランと欧州3カ国

 核問題でイランが欧州に譲歩してきました。北朝鮮がもたもたしている間に先手をうってきたと思います。イランは以前も核開発を辞めると言っておきながら、密かに開発を行なっていた前科があるため、英、仏、独等の欧州3カ国の交渉が実を結ぶかは予断を許しませんが、この交渉がまとまり、アメリカが納得すれば(少し難しいかもしれませんが)、いよいよ北朝鮮の立場は苦しくなります。
[PR]
by winger1011 | 2004-11-15 23:06 | 国内