ニュース系ウェブログを目指しています。テーマを「国際情勢」としつつ、世の中のいろんな時事問題で自分の思った事を書いていこうと思ってます。リンクはフリーです。


by winger1011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

真の同盟国無き国 韓国

谷内氏発言、外相が注意 「誤解招いたなら遺憾」

外務省の谷内正太郎事務次官は27日、自らの米韓関係をめぐる発言に韓国政府が反発し謝罪を求めている問題で、町村信孝外相から同日「今後、発言に慎重を期するように」と注意を受けたことを記者団に明らかにした。

 一方、韓国側の抗議に対しては「非公式の意見交換の場だったので、発言が対外的に明らかにされたことに当惑している」と強調。「発言の真意は日韓、日米韓の連携強化の重要性を強調することにあったが、それがさまざまな形で韓国国内で議論を呼び、誤解を招いたのであれば遺憾だ」と述べた。

 こうした見解も含め、外相から注意を受けたことを韓国の羅鍾一駐日大使に伝えたと語った。


谷内氏が、「米は韓国を信用していない。」と真実を言って痛いところを突かれた韓国が逆ギレした問題です。

この言葉は何も日本の高官だけでなく、以前から様々な国の高官が韓国に注意している事です。

「韓国に真の同盟国はあるのか??」とです。この言葉は様々な国の高官が言ってきているのです。

しかも、「地球上に日本がある事が不幸」だの、日本に対する様々な罵詈雑言を浴びせかけておいて、言われた方が気分を害するのは当たり前です。谷内氏が非公式発言としてこういった本音をいっても何も問題はありません。

むしろ、こういった非公式発言が表にでてしまう所が、三流国である証拠です。これは、韓国のみならず、中国にも言える事です。こういった非公式発言を表に出してしまえば、ますますアメリカのみならず、世界から信用されなくなるだけです。


こんな発言をしていても、韓国は、今だ厳しい経済や昨日エントリーした、国内の就職難の問題等の困難な多くの問題で、日本に頼る姿勢を示しています。韓国という国は、こんな非礼な事をしておいても、最後に頼る国は日本しかないのが現状です。

韓国にはプライドというものは無いのでしょうか。
[PR]
by winger1011 | 2005-05-27 22:40 | 韓国
こんにちは。今回は、韓国スパイ報告第二回と称して、韓国の労働事情を少し紹介したいと思います。韓国の日本を上回る受験戦争の厳しさを知っている人は多くいても、労働事情を知っている人はどれくらいいるでしょうか。??

まず最初に、韓国では学歴はもちろん、大学に入った当初から就職活動が始まっていると言える。それは、4年生の冬に行われる筆記試験だけで就職が決まることが多いのだ。筆記科目は英語と一般常識が必須で、あとは分野によって違うらしい。そして、多くの学生は新入生のときから英会話学校に通い、第2外国語として日本語と中国語の習得にも必死になる。

で、肝心の大学の就職率は現在は、卒業年齢によってだいぶ違うらしいのですが、20%~45%と日本では考えられないほど、凄まじい就職難なのです。まずここで、半分以上の人間が脱落します。

この厳しすぎる就職事情の為に、なんと日本企業を目指す若者がものすごく多いそうです。私の職場で一緒に働いている韓国人もその1人らしく、韓国の若者は距離も近く、給料も待遇も良い日本企業を目指すそうです。あとは、韓国に進出している日本企業の韓国支社も人気らしく、日本語を勉強する若者も多いです。本屋でも日本語の本が結構目立つ所においてあり、日本語への関心が高い事をうかがわせます。こんな所にも、ずうずうしく文句を言うくせに、困ったら直ぐに日本に頼る韓国人の自立心の低さが分かります。

で、うまく就職しても今度は厳しい出世競争が待ってます。なぜかと言うと、、韓国では、40歳までに課長職以上にならないと、40歳で首になるのです。!! 就職して十数年で、定年という悲惨な状況におかれる事になります。現に韓国の工場はどこも若い人間がほとんどで、40以上の年をとった人の割合はものすごく低いのです。!!ここで課長になり、会社に残れたらいわゆるエリート階級という事になるそうです。

で、ここで脱落し、40歳で首になってしまった人は、しかたなく、ベンチャー企業等、事業を始めるのだそうです。

このように、日本では考えられない程の厳しい競争で、勝ち残れる人が少ないという所が、現在の韓国の貧富の格差の拡大に繋がっています。それで、海外に(ほぼ日本に!!)目を向ける人が多いのだそうです。

この話を様々な韓国人から聞いて、つくづく日本人で良かったと思いました。やはり日本は世界に冠たる経済大国であり、世界でも指折りの先進国なのだと実感できました。


中国も、呉儀副首相が小泉首相との会談をドタキャンして、外交上での失策を犯し、世界に中国リスクを改めて再認識させるという自爆行為を行い、国際資本の中国離れとアメリカへの移動を加速させる結果を生んでいます。今まで中国に流れていた国際資本がアメリカに向きを変え、米国債、原油価格や為替にプラスに働き、その結果、日本の景気回復にも寄与しているのです。

政治はともかく、経済ではまだまだ韓国・中国は日本の足元にも及びませんな。
という所で今日はこのへんで。
[PR]
by winger1011 | 2005-05-26 21:39 | 韓国

靖国問題再燃

「血で汚れたA級戦犯」 中国、首相靖国参拝を批判 (共同通信)

【北京17日共同】中国外務省の孔泉報道局長は17日の記者会見で、靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯について「その両手を中国、アジア人民の鮮血で汚した」と述べ、16日の衆院予算委員会集中審議で靖国参拝継続の意向を示した小泉純一郎首相の姿勢を批判した。

 孔局長は、小泉首相の参拝問題について「単に故人に対する祭祀(さいし)ということで済む問題ではない。(日本が)歴史問題にいかに臨むかという点にかかわる問題だ」と指摘。A級戦犯の合祀(ごうし)が根本問題との認識を示した上で「彼ら(A級戦犯)が罪を犯したという見方は国際社会の定説」と述べ、小泉首相の参拝継続は認められないとの中国の立場を強調した。


 靖国問題が再び再燃しています。そもそも昨日小泉首相が言った事は正しく、国や社会に殉じて死んだ人を慰霊するのは当然の事です。これはどの国も行っている事で、今回、靖国参拝に文句を言った中国だって行っている事です。で、これは中国共産党の内政問題という事も多くの方が指摘しているとおりです。

中国にとって最大の問題は、共産主義を標榜しつつ、市場経済を導入し、貧富の差が猛烈な勢いで拡大しているという矛盾点です。これが限界に達すると民主化革命は避けられません。旧ソ連の崩壊の再現は嫌なんでしょうが、市場経済を減速させれば中国は再び世界の三流国に転落し、市場経済導入後、経済成長を政権の正当性の1つとしている中国にとってはそれはできないのです。

で、この矛盾を解決する手段として中国が選んだのが、国民の目を外にそれすという、昔から、滅亡への道を走り出した国家が良く使う手です。つまりは今回の反日暴動です。

自党の存続意義を反日にすり替え、国内の不満を抑えると同時に極東でのプレゼンスを行使して、日米の覇権に対抗するというのが、中国の真意なのです。ですから、中国と仲良くするために日本から頭を下げろ言う中国の主張がいかに身勝手な主張で、日本にとって、間の抜けた解決策かという事がよく分かると思います。

 一方、少なくても日本政府は国民感情を煽ってませんし、政治的に利用する意図もありません。

中国が何を言ってこようが、この問題を蒸し返して損をするのは中国であり、日本ではありません。一度日本は国際会議の場でアジア諸国に謝罪したのですから、これ以上中国の言うことに耳を貸す必要はありません。。

[PR]
by winger1011 | 2005-05-18 00:04 | 中国
先週の月曜日9日から、韓国に赴任しました、wingr1011です。今回は、第一回韓国スパイ報告という事で、韓国の感想をかこうと思います。

まず最初に韓国にきて驚いた事は、交通ルールのマナーの悪さです。一方通行は平気で破る。車線変更でもウインカーを出さない。クラクションが鳴り響き、信号での歩道は、車の停止線の手前にある。その為、車側の信号が赤になっても、車が突っ込んできます。危険極まりないですね。この国が安全ということにまったく気を使っていない事が良く分かります。せっかち、他人の事に気をかけない等、韓国人の性格が良く分かりますよ。

で、次に気になった事は、デパートです。こっちでは手荷物は売り場に持ってはいけません。ロッカーに預けるんです。ビニール袋も有料です。おそらく万引きが多く、ビニール袋は無料にするとみんな持っていかれる為に、有料にしたんだなあと思います。韓国人のモラルの無さが分かりますね。

このような細かい部分にこそ、韓国の国民性が現れてますね。日本はこうゆう性格の国民だという事を承知した上で、朝鮮半島への戦略を考える必要があります。

また、物価ですが、食べ物は、大体300円~2000円と、とても安いです。2000円も出せば、ものすごい豪華料理が食べれます。ただ、電化製品は日本と同じ位でした。しかも、韓国製品と日本製品との隔絶した品質の差を考えれば高いと言えるでしょう。韓国の電化製品は本当に壊れやすく、不良品も多いです。液晶等の高度な電化製品や半導体は、日本の製造機械を導入し、日本の電子部品を6~7割使ってます。日本の技術と部品が無ければ作る事ができないのです。この国の基礎技術力の低さが実感できます。


 バッグ等の日用雑貨品も、普通に考えれば安いと言えますが、日本の100円ショップに比べると割高です。品質も日本の100円ショップの品とどっこいどっこいなので、近くに100円ショップがある人には、高いと感じるでしょう。

韓国人の人件費ですが、日本の80%~85%と、日本とほとんど変わりません。日本企業にとって、韓国に進出するメリットは無いといえるでしょう。まして中国には太刀打ちできません。

そんな事を考えれば考える程、この国の経済の未来は暗いと言えます。製品の安さでは、中国等に対抗できない。かといって日本や欧米のように、技術力や品質で対抗できるわけでもない。あらゆる意味でこの国の経済は中途半端なんです。!!間違いなくこの韓国という国は、日本と中国の間で埋もれていく運命にある事を確信しました。

という所で第一回の報告を終わりたいと思います。ではまた。w
[PR]
by winger1011 | 2005-05-17 00:02

靖国に行ってきました。

私事ですが、韓国出張が決まった為、韓国に飛ばされる前に1度訪れてみようと思い、先週、靖国神社に初めて行ってきました。!!!!

まず、驚いたのが駐車場が無料という事。車で来る人にやさしい神社だと思ったしだいです。
で、周囲を見た所、若い方やカップルも大勢訪れており、特別な違和感等感じませんでした。あと外人が結構多かったのは、中国と韓国が宣伝してくれたおかげでしょうか。笑
まあ、右翼の車があったのが、ちょっと景観を汚してましたがね。w

で、最初に本殿に礼拝したのですが、皆さんきちんとお辞儀までしてましたね。私もきちんとお辞儀までさせてもらいました。

その後、遊就館にいったのですが、最初入るとゼロ戦が出迎えてくれます。でその後ろに大砲と機関車がありました。入場券を買って2階に上がるとすぐにドキュメント映画を放映している小さな映画館があります。約1時間で始まる直前でしたので、最初から最後まで見てきました。

 とても感動しました。w!!つうか、泣きそうになりました。まあ、私はアマチュア歴史家として、物事を公平に見たいので、ここで語られている事が全て真実とは思いません。つうか、歴史では物事を全て疑って見るべきだと思ってますので。
 ですが、教科書では決して知ることが出来ない歴史を知る事ができます。ここで初めて戦前も反日暴動があった事を知りました。

その後、鎌倉時代からの軍事史を知る事ができます。特に明治維新から太平洋戦争(大東亜戦争)までの歴史の真実をしる事ができます。われわれが戦後いかに、米国の罠にはまっていたかを知ることができます。また戦前にもあった、中国の反日暴動等の横暴ぶりも知る事ができます。

そして最後には、靖国に祭られている方々の遺影や遺言を書いた手紙などが、展示されてます。ここは涙なしには見れません。私もここでも涙があふれてきて、泣きそうになりました。

で、最後に戦車や爆撃機、人間魚雷の回天などの兵器が展示してあります。で最後にお土産屋に出て、また最初のゼロ戦の場所に戻ってきます。私はここを1~2時間で回ろうと思ってたのですが、2時に入って、5時半の閉館ぎりぎりまでようやく回れました。ものすごく見ごたえがありました。

そして、もう一度参拝して帰りました。遊就館を見たらそうせずにはいられなかったのです。!!で、最後にお守りを買って帰りました。これは韓国にももっていくつもりで買いました。

みなさん!!ぜひ一度見に行きましょう!!学校では決して教えてくれない歴史を教えてくれます。!!
[PR]
by winger1011 | 2005-05-09 23:36 | 国内
中韓が「謝罪したのなら行動で示し、実行しろ」といって様々な要求をしてきています。

日本の教科書に反映を 韓国、歴史共同研究継続で (共同通信)

共同歴史研究、報告書公表へ…教科書扱わず韓国不満 (読売新聞)

中国、改めて首相の靖国参拝中止を求める (読売新聞)

北京の日本大使館 政府が原状回復受け入れへ (毎日新聞)



 先のAA会議での謝罪で中国と韓国が「もはや日本が謝罪していない」、「反省していない」という何十年も主張しつづけてきた謝罪カードが使えなくなった為、新しい外交カードとして「謝罪と反省を行動で示せ!!」と言ってきました。そして日本政府もこの問題をまたしても、無難に、一方的に譲歩して無難に収めようとしてます。

 AA会議での謝罪に反発する人達はこうなる事を予測して、あれは間違いだったと言う人もいましたし、事実こうゆう展開になる事は予測できましたから、その主張は間違いではなかったと思います。
 しかし、「日本は謝罪していない」というカードを中国、韓国から封じ、中国や韓国は過去に日本が謝罪している事を大々的に報じるようになりました。これはもはや「謝罪していない」という事を言えなくなった為です。また、世界世論を誘導する事で中国、韓国の反日政策を転換せざる得ないようにしました。現在の世界世論は欧米を中心に中国、韓国に対し厳しい視線が向けられています。この成果と、今回のこの「謝罪と反省を行動で示せ!!」という中韓の行動を比較して国益にかなったか、かなわなかったかという判断になるんだろうと思います。
 私はとりあえず、評価します。

 只、この謝罪後の動きは支持できません。

 歴史共同研究ですが、その国の立場によって歴史上の人物の評価が、まったく違うものになるのは当然です。良い例が豊臣秀吉でしょう。彼は日本では戦国乱世を終息させた英雄ですが、韓国では自国を侵略した極悪人という事になります。つまり、歴史共同研究など日韓で合意に達する事などありえないのです。今回韓国は歴史共同研究の成果を教科書に反映しろと言ってますが、これはこの歴史共同研究が韓国寄りの結果で、日本が一方的に譲歩したという事でしょう。歴史問題での譲歩等決してしてはいけません。

 この歴史共同研究は継続するそうですが、何か建設的な方向に行く事は無いと思いますし、合意に達する事もないでしょう。逆に合意に達したら困ります。日本側はメンバーを入れ替える等して、韓国に屈しない人物をいれた方が良いでしょう。

 韓国は「この歴史共同研究の成果を教科書に反映しろ」と言いましたが、日本側は拒否したようです。これは当たり前の事です。教科書はあくまで内政問題であり、歴史共同研究とはまったく別の問題です。韓国だって歴史共同研究で日本よりの結果がでたら、自国の教科書に反映する気等ないでしょう。いつもながら、韓国の一方的なものいいには腹が立ちます。こんな馬鹿な政府がいる国に転勤するかと思うと本当に憂鬱な気分になります。もう会社を辞めようかと思う程です。

 韓国の主張を教科書に反映する事等できるわけがありません。例えば豊臣秀吉を極悪人として記述しろと言うようなものです。そんな事をいえば今度は日本国民が黙ってはいません。豊臣秀吉は日本人にとっては戦国乱世を終息させた英雄なのですから。(実際に戦国乱世を終息させたのは織田信長ですがね。豊臣秀吉の時には、ほぼ、戦国乱世は終わってましたから。)

 日本には祖先信仰があり、偉大な功績をたてた自分達の先人を神として敬う、そして、死んだ人間の罪は問わないという文化があります。しかし、大陸の文化はたとえ死んでも罪は消えないという文化です。かれらは自分達の価値観、文化を一歩的に日本に押し付けてきており、日本側は決して受け入れてはいけません。これは文化の問題ですから、絶対に譲歩してはならないのです。靖国問題も同じ事です。

 只、この中国・韓国の動きは、「日本は謝罪していないという主張」を封じられた結果、言ってきた事で、かれらも追い詰められてきていると言えるでしょう。特に中国はきわめて厳しい局面に立たされているといえます。日本側の対応としては、この「歴史問題」と「靖国問題」は「偉大な功績をたてた自分達の先人を神として敬う、そして、死んだ人間の罪は問わないという日本の文化」の問題であると主張しつづければ言いだけです。その結果、再びこの両国との関係が冷え込んでもしかたがないでしょう。

日本は国連安保理の常任理事国入りに目がくらんで、関係改善に動いているようですが、国連安保理の常任理事国なぞ、何の価値もないものの為に、「歴史問題」や「靖国問題」等重要な問題を譲歩してはいけません。国連安保理の常任理事国入りは、「入れないと金をださねえぞ!!ごらあ!!その時は、反対したおめが代わりに払えよ!!中国に韓国よお!!」と脅せばいいのです。で、入れたら金を払い常任理事国になる。入れなかったら、もう金を払わずに国連から距離を置く。どっちに転んでも日本に損はありません。

 以前にも拙文で紹介しましたので詳細はここでは言いませんが、、戦後重要な決定は国連で決まった事は一度もありません。国連にはそのような影響力等無いんです。!!プラザ合意、戦略ミサイル交渉、東欧の民主化、ベルリンの壁崩壊等、戦後の重要な事項は全て「有志連合」によって決まっています。

 例えば「サミット(先進国首脳会議)」や「イラク戦争での有志連合」等で日本はその「有志連合」には入っており、しかも重要な位置をしめています。他方、中国や韓国はこの有志連合に参加さえ、させてもらえてません。
 元々アメリカや欧州などは、国連等まったく当てにはしておらず、この有志連合を外交の基本に置いています。だからこそ、国連改革等に興味がないんですね。欧米諸国は国連をとうに見放してますから。日本もこの「有志連合」を外交の基本に置き、国連から距離を置くべきです。国連は5大国が拒否権を持っている為に結局何も決められない組織であり、このような何も出来ない、何も決められない組織に日本の国民の運命を委ねる事は危険です。
[PR]
by winger1011 | 2005-05-07 09:54 | 中国
こんにちは。GWでいろいろプライベート(旅行・遊び)で忙しかった為少し古い記事になりますが、見過ごせませんので取り上げてみたいと思います。

陸自活動への協力に謝意=戦時中の捕虜強制労働でおわび-小泉首相


オランダ訪問中の小泉純一郎首相は2日夕(日本時間3日未明)、ライデン市内でバルケネンデ首相と会談した。小泉首相は陸上自衛隊が活動しているイラク・サマワでオランダ軍が治安維持に当たったことに謝意を表明。両首脳はイラクの復興に向けて、今後も協力していくことで一致した。
 また、小泉首相は第2次世界大戦中にインドネシアで起きたオランダ人捕虜の強制労働事件を念頭に「多くの国々の人々に多大な損害と苦痛を与えた事実を謙虚に受け止め、これまでも深い反省と心からのおわびの気持ちを表明してきた」と改めて謝罪した。 


 小泉首相が第二次世界大戦中のオランダ人捕虜の強制労働事件を謝ったそうだ。私は、この前のAA会議の謝罪発言にはそれなり評価しましたが、この謝罪は評価できません。国益を損なうからです。
 前大戦にて日本は、欧米諸国とはあくまで対等に戦争をしただけであり、国際法上、問題となる事はしてません。強制労働が問題と言いますが、欧米諸国だって日本兵を強制労働で働かせたり、船が沈没しておぼれている日本の水兵を、射撃の的にして殺す等、日本よりもっとひどい事をしているんです。確かにアジア諸国へは、欧米諸国との戦争に巻き込み、迷惑をかけた為、謝るのはしかたないと思います。しかし、欧米諸国とは戦争をしたのであり、道義的に彼らに比較して劣っている事をしたわけではありません。日本も欧米も戦争ですから、お互い、それなりに強制労働の類はしていました。只、日本は敗戦国である為、このような事を追求されるのです。

 AA会議の謝罪発言は、世界に日本がアジア諸国に謝っている事実を認めるのに役に立ち、国益にかなった為、評価しました。また、日本が敗戦国である為、「アジアへ侵略し、多大な迷惑をかけた」という事実を認めるのも、現時点の国益を考えればしかたないでしょう。 しかし欧米諸国に対しては謝る必要等はありません。彼らには国際法上、又道義的に劣る事をした事実はありません。謝る必要が無いのに謝るのは国益を損ねるだけです。

 本当は、歴史的な事実を言えば、日本の戦争は完全な自衛戦争であり、アジア諸国は当時、タイを除いて全て欧米諸国の植民地であったのですから、どこにも、アジア諸国に対してすらも、謝る必要はありません。
 しかし、日本は敗戦国であるため、そこは譲るのは仕方ないにしても、こう主張する事はできると思います。つまり「日本は、アジア諸国に対しては、欧米諸国との戦争で多大な迷惑をかけた。だからアジア諸国には謝罪する。しかし、欧米諸国とは対等の交戦国であり、謝罪する必要は無い」とです。この事を堂々と主張すべきと思います。

 確かにアジア・アフリカ諸国より欧米諸国との仲を重要視するのは分かりますが、只下手に出れば、彼らを味方につけられるというのは誤りです。彼らに舐められない位には自己主張をする方が欧米諸国との仲はうまくいくと思います。

必要のない謝罪は国益を損ねるだけです。
[PR]
by winger1011 | 2005-05-05 17:16