ニュース系ウェブログを目指しています。テーマを「国際情勢」としつつ、世の中のいろんな時事問題で自分の思った事を書いていこうと思ってます。リンクはフリーです。


by winger1011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

韓国の暗い一面

漁船と貨物船が衝突
8日午前4時半ごろ、兵庫県淡路島の西約9キロの播磨灘で、同県北淡町斗ノ内の漁業、西尾章さん(53)の小型漁船「福章丸」(5トン)が、韓国船籍の貨物船「フーア バンコク」(乗組員16人、8、273トン)と衝突、転覆した。約2時間後、神戸海上保安部が漁船内から西尾さんを救出したが、死亡した。貨物船の乗組員にけがはなかった。

 同保安部によると、西尾さんは底引き網漁をしていたとみられ、貨物船は韓国の釜山から大阪に航行中だった。事故当時、海上は晴れて視界は良かったという。(共同)

rx178の最近気になる朝鮮半島さん等、同じニュース系ブログさんでは結構取り上げているが、マスコミは一向に報じないニュースが、この韓国の貨物船が日本の漁船に激突させたと言うニュース。事件当日、”事故当時、海上は晴れて視界は良かった”という。しかも、”約2時間後、神戸海上保安部が漁船内から西尾さんを救出したが、死亡した。貨物船の乗組員にけがはなかった。”

海上保安庁がくるまで、ほっといたんかい。!!見殺しじゃねえか。!!しかも、今回だけじゃありません。過去に何回も同じ事をしています。これはワザとだろうが。!!日本のマスコミは、このような韓国に都合の悪い記事は載せません。よって、普通に新聞やテレビを見るだけじゃ、韓国のこんな暗い一面が見えてきません。韓流ブームも良いですが、韓国のこのような一面も心に刻んでおくべきです。また、中国と同様、韓国に対しても、舐められないように毅然とした対応が求められます。それが、このような事件の再発を防ぐ事になると思います。

この事件で犠牲になった方々やそのご遺族に深いお悔やみを申し上げます。また、政府は再発防止に全力をあげるようお願いしたいと思います。
[PR]
# by winger1011 | 2004-11-13 19:59 | 韓国

中国が払った高い代償

財務省Vs防衛庁 削減幅めぐり攻防激化
防衛費をめぐる政府内の折衝は、九月以降、財務省が防衛費全体の抑制を目指し、主要装備を中心に一層の削減を求めるとみられ、防衛庁との攻防は例年以上に激しくなりそうだ。

 財務省は昨年十二月のMDシステム導入の閣議決定を受け、「約一兆円にのぼるMD導入に向け、戦車や火砲だけでなく、一隻六百億円の潜水艦など重厚長大な装備には大ナタをふるう」(財務省幹部)との姿勢を強めている。

米軍再編の重要性を確認 日米審議官級協議

ワシントンで開かれていた在日米軍再編のあり方を検討する日米審議官級協議が12日、3日間の日程を終えた。現在の東アジア情勢を踏まえて米軍再編が日米両国の安全保障にとって重要だという認識で一致。今後は局長級協議なども交えて集中的に話し合いを進めていくことで合意した。


中国の原潜の領海侵犯事件によって、この事件以前に日本が抱えていた二つの軍事的問題が決着しそうだ。

1つめは、防衛費の削減問題で、財務省を中心に、近年の財政難から、自衛隊の規模を縮小し、防衛費を削減しようという問題で、財務省案が有利で、自衛隊は削減の方向にすすんでいた。しかし、この中国の原潜の領海侵犯事件は防衛庁に追い風となる。以前にもしばしば同じような事件あったのに、今回、これだけ大騒ぎしたのは、この問題で政府内の、防衛費の削減を嫌う勢力が財務省への牽制に利用しようとして、やったと思っている。

2つめは、在日米軍再編問題で、日本を、米政府が不安定の弧と言われる、中東から北東アジアにかけての地域に展開するアメリカ軍の中枢基地にしたいという事です。この米政府の申し出に対し、日本政府は慎重な姿勢を見せていました。しかし、この中国の原潜の領海侵犯事件によって、”現在の東アジア情勢を踏まえて米軍再編が日米両国の安全保障にとって重要だという認識で一致”という事で日本側は受け入れる方向に傾むいた。

中国は、最近問題になっている海底資源問題で、日本側の反応と覚悟を確かめるべく原潜を送り込んだが、高い代償を支払ったという事だ。おかげで、自衛隊の縮小もある程度抑えられ、日米同盟は強固になり、ますます手が出せなくなったというわけだ。
[PR]
# by winger1011 | 2004-11-13 19:13 | 中国

アラファト死去

アラファト氏ラマラに埋葬 群衆数万人

さて、テロリストから政治家にジョブチェンジして パレスチナ自治政府の代表になったアラファトPLO議長が死んだ。後継は穏健派のアッバス氏が有力。

イスラエルは以前から、「パレスチナとの和平は、アラファトが邪魔している。」と非難していた。そのアラファトが死んで、穏健派が実権を握ったから、これからパレスチナ和平はうまくいくと言う意見が結構多い。確かにアラファトという人は、外国から送られてきた援助物資を国民に渡さず、私腹を肥やしたり、自分の地位を守る為に後継者を育てなかったり、とても誉められた人物ではない。国民を弾圧しないだけ、金正日やフセインよりはマシ という位の人物で、確かに、この人がパレスチナとイスラエルの和平の邪魔だったと私も思う。

しかし、だからと言ってパレスチナ問題が、一気に解決するという意見には賛同できない。パレスチナでは、未だに過激派が勢力を保っており、イスラエルに有利な条件で和平を結んだら、(この可能性は非常に高いと私は思っている。)納得できん!!とテロ行為を強める可能性がある。そうなると、イスラエルはまた報復として軍事行動を起こし、またまた、暴力の連鎖という事態に陥る可能性があるからだ。また、後継者問題で、もめる可能性もある。アラファトの後継者がどこまでパレスチナ国内をまとめられるかが今後のカギになるだろう。いずれにせよ、イスラエル有利な状況になる事は間違いが無い。
[PR]
# by winger1011 | 2004-11-13 13:05 | 中東
領海侵犯、中国原潜と断定…政府が抗議・謝罪要求

日本政府が、日本の領海を侵犯した中国 籍らしき、不審潜水艦が中国だと断定したそうだ。それに大して程永華駐日中国公使は、「調査中なので、直ちに謝罪するわけにはいかない」と応じたそうだ。

どこまで白を切れるか見ものですなあ。防空識別圏(ADIZ)を出ても追跡を続行したのだから、日本側は状況証拠は十分に持っているんだろう。しかし、決定的な証拠はないんだな。だから、あくまで知らぬ存ぜぬって言われて最後まで認めない可能性が大きい。なんせ、神経が太いからな。中国は。

しかし、抗議するのは結構だが、本来領海侵犯をして国籍不明な船なんぞ、警告して従わなければ攻撃するのが当たり前。それが世界の常識。現行憲法では最初に威嚇射撃と言う事になるんだろうけど、この日本の長年の弱腰が中国や韓国、北朝鮮をつけあがらせている。もっと毅然とした態度をして、中国に日本に強気に出ても何も利益は無いと思わせなければ、同じ事が起こる。日中問題はまず日本が毅然とした態度で自国の利益を主張するという、至極当たり前の事ができるようになる必要がある。北朝鮮が拉致問題を認めて以降、日本は行き過ぎた左翼思想から目覚めつつあるが、まだまだ時間がかかりそうだ。まあかといって右に寄りすぎても困るが。(^^)

で、不審潜水艦発見から海上警備行動の発令に3時間かかった事に多くの人が疑問に思ったと思うが、その答えらしき?記事があった。↓

原潜の領海侵犯、自民部会で法改正求める声

自民党の国防・外交関係部会の合同会議が12日午前、党本部で開かれ、領海侵犯事件を受け、海上警備行動の限界を指摘する声が相次いだ。
出席議員の多くが、領海侵犯から海上警備行動の発令までに3時間近くかかった点に触れ、「領空侵犯に対しては航空自衛隊が緊急発進し、警告射撃もできる。潜水艦の領海侵犯に対しても自動的な対応ができるように法律を改正するべきだ」などと、制度を見直すように求めた。


もしこれを狙ったのなら、小泉首相グッジョブ!!まあ、中国に配慮したという理由の方が大きいんだろうが。


あと原潜ネタでもうひとつ、ネットで原潜関係の記事を偶然発見。!!

原潜反対 訴え新た

原潜反対は構いませんが、合法的にきたアメリカの原潜は駄目で、今世間を騒がしている領海侵犯した中国の原潜には抗議しないの。?こんなダブルスタンダードだから、平和や護憲を叫ぶ左翼団体というのは、最近世間から白い目で見られるんですぜ。!!それにしてもタイミングが良すぎだ。(笑)こうゆう輩の正体がよく分かる。

IAEA、韓国のウラン実験に「深刻な懸念」表明

国際原子力機関(IAEA)は11日、韓国で未申告で行われていた一連の核関連実験に関する報告をまとめ、理事国に配布した。
 報告は、ウラン濃縮実験が、韓国原子力研究所長の許可の下で行われ、14人の研究者が参加したと指摘。1993年から、2000年に実際の濃縮が行われるまで、ウランの気化実験など関連実験が10回以上行われていたことを明らかにした。

 こうした事実は、実験が計画的に行われたことを強く示唆するもので、報告は、韓国が、核拡散防止条約(NPT)の保障措置協定で義務づけられた報告義務を履行しなかったと糾弾し、改めて「深刻な懸念」を表明した。

 報告はまた、韓国側による隠匿の動きも伝えている。ウラン濃縮が行われた中部・大田の韓国原子力研究所のレーザー施設では、IAEAが立ち入り検査実施を2002年12月から求めていたにもかかわらず、韓国側が今年3月まで拒否し続けていた。

 1982年に行われたプルトニウム抽出実験では、試料の劣化ウラン2・5キロについて、IAEAに虚偽報告を繰り返していたことも明らかになった。

 一方で、一連の実験が明るみになった今年夏以後の韓国の対応に関しては、情報開示や関係者の聴取、関連施設査察に積極的に協力していると評価。同研究所長の許可に言及した以外、科学技術省など政府の関与には触れていない。韓国が未申告実験を続けている兆候はないとも述べている。

 報告は、今月25日からのIAEA理事会で、韓国への対応を協議する、たたき台になる。

韓国・核関連実験問題:兵器級にウラン濃縮 化学法、無届け実験も--IAEA報告

国際原子力機関(IAEA)は11日、韓国の一連の核関連実験に関する報告書をまとめ、理事会各国に配布した。化学法によるウラン濃縮実験をIAEAに無届けで79~81年に実施したことが新たにわかった。また、00年のウラン濃縮実験で得られた濃縮ウランの一部は兵器級に近い77%に達していたことも判明。IAEAは報告書で、韓国が査察に協力的であることを評価する一方、無届けで実験を繰り返したことに「深刻な懸念」を表明、「検証活動を続ける」と述べ、今後も全容解明に向けた調査を続ける方針を示した。

 新たに判明した79~81年の化学法によるウラン濃縮で得られる濃縮ウランは、濃縮度が商業炉の核燃料に使用する3~4%程度にとどまる。

 一方、00年にレーザー法で生成した濃縮ウランは200ミリグラム。核兵器製造には90%以上が必要だが、平均の濃縮度は10%強、最高で77%に濃縮されていた。また、82年に抽出したプルトニウムは0・7グラムとごく少量であることがわかった。韓国の科学者は核関連実験に使用する原材料や機器を海外から調達していた。

 韓国は82年にプルトニウム抽出、ウラン転換実験を実施したほか、00年にウラン濃縮実験をそれぞれ無届けで実施した。韓国側は「その他に無届け実験はない」と言明していた。



この前発覚した韓国の核開発問題で、韓国が新たにプルトニウム抽出実験やウラン濃縮実験等を行っていることが、新たに判明した。しかも、以前、「もう他の実験はしていない」って言ってなかったけか。?嘘ついたな。しかも毎日の記事では分からないが読売の記事を見ると”ウラン濃縮実験が、韓国原子力研究所長の許可の下で行われ、”って書いてあるし。それって政府が関与してるって事でしょ。?「政府は関与していない」って言ってたよね。?。それも嘘かい!!こりゃ只ではすまんね。これで韓国を不問にしたら、今まで散々経済制裁受けたり、文句言われたりしたリビアやイラン、インド、パキスタン、北朝鮮なんぞはキレルだろう。韓国側は「その他に無届け実験はない」と言明していたらしいが、まだあるんじゃないの????

あ、北朝鮮は、むしろ喜んでるか。(笑)これで米日韓の3国の連携を崩せるし、今度の6カ国協議は言い逃れできる。!!とね。今度の6カ国協議は失敗するのが確実ですよ。。。。


あと、毎日新聞!!記事はもっと正確に書いてくれ。!韓国や中国関係の記事の偏向報道はいい加減にせいや。最近、すごく目立つんだが、いったいどうしちゃったの?人民日報日本支局の朝日新聞と同格になっちゃうよ?

そのうち、マスコミに対する自分の思いを書こうと思います。
[PR]
# by winger1011 | 2004-11-13 01:45 | 中国

祝 ブログ開設



こんにちは。管理人のwinger1011です。


ブログをやるのは、まったくの初めてですが、宜しくです。m(_ _)m


テーマを「国際問題」と言いつつ、世の中の時事問題を自分なりの感想や考察をコメントしたいと思います。


なぜ、こんなブログをやろうと思ったというと、以前から歴史や国際情勢に興味があって、その関係のブログをずっと読んでいるうちに 、読むだけでなく自分でやってみたくなったという、単純な理由です。(^^;)



なにぶん、日記等をやってもたいてい3日坊主で終わってしまう自堕落な人間で、いつまで続くか分かりませんが、まあ、気楽にのんびりやって行こうと思ってます。


どうか、宜しくです。

[PR]
# by winger1011 | 2004-11-12 15:23